サイトメニュー

気が重くなったなら

医者と看護師

利用する目的や人気の理由は一体何か

うつ病になる人は、年々増加している傾向があります。かつては、この病気になる人は珍しいとされていましたが、今や国民の5人に1人はうつ病になったことがあるか現在うつ病の状態の人とされています。このようにうつ病が増えたのは、様々な理由がありますがいずれにしてもうつ病を治さなければ働くことができないことが多いです。ある程度重度なものになると、会社に行けないほどの状態に追い込まれることも少なくありません。そこで、このような場合には障害者年金をもらうことが可能になります。障害者年金をもらうためには、クリニックや病院を利用することになります。心療内科や精神科と呼ばれるものがこれに該当します。これを利用する目的は、やはり何といっても治療をするためです。素人ではなかなか治療することが難しいため、専門的な意思や資格を持った人に治療してもらうのが一般的な流れと言えます。ただ、それだけが目的ではありません。障害者年金をもらう場合には、診断書を書いてくれるのは病院の医者になりますので、診断書を書いてもらうためにわざわざ病院に行く必要があるでしょう。病院によっては、書いてくれないところもありますが、たいていの場合には患者が診断書を書いてほしいと述べれば書いてくれます。もともと、担当した医者は診断書を書かなければならない義務がありますので、拒否されたとしても必要な旨を明確に伝えることで診断書が手に入ります。この診断書は、障害者年金の認定の時に必要で、その内容によってはもらえる金額が異なります。

障害者年金がうつ病の人に人気の理由は、簡単にいえば会社に行かずしてお金をもらうことができるからです。もともと障害者年金は、うつ病のためにつくられたわけではりません。例えば、大きな病気をして長期的に入院する場合や大きなけがをして社会復帰が難しい場合に会社に行くことができませんが、その給料の代わりにもらうものと考えられています。そのため、給料よりも少ない金額しかもらうことができないため、障害者年金だけでは生活するのがやっとになるはずです。ですがそれでも、何ももらえない不安よりも、積極的に障害者年金を申請してお金をもらった方がよいと言えるでしょう。そのような理由から、非常に人気があることがうかがえます。金額に関しては、いくらでももらえるわけではありません。これは、給料によって決まっているわけではありませんが、等級によって決まってくるのがポイントになります。1級ならば毎月10万円前後のお金をもらうことができるため人気になりますが、ただ1級に該当するような場合は介護者として認定されている場合です。つまり、うつ病が原因で生活することができないような状態にまでなってしまっているかなり重度な状態です。もし、その段階まで行ってしまっているならば確実に請求できるかもしれませんが、そこまで進行していなくても会社に行けないレベルや会社に休むことが多くなるレベルならば障害者年金をもらうことができるでしょう。また、正社員の場合には病床手当も同時にもらうことができる点です。両方もらうことで、生活の維持が非常に楽になります。