サイトメニュー

精神的に病んでいるなら

悩む女性

相場と仕組みを知りたい

うつ病といえば、現代の社会では非常に増えている病気の一つになります。社会人のうちでも、5人に1人がうつ病といわれているほど蔓延しているのが特徴です。かつては、うつ病に対する理解があまりありませんでしたので、やる気がないなどと言われることもあり、会社にいけない人に対して障害者年金も出ることはまずありませんでした。ですが最近は、うつ病に対する理解が出てきているため、障害者年金をもらうことができるようになっています。障害者年金をもらう場合には、どれぐらいの相場になるかをしておく必要があるでしょう。基本的に、障害者年金はどのぐらいの障害があるかによって異なります。例えば、うつ病といっても本当に会社に行けないレベルの病気からどことなく会社に行くことに抵抗を感じるレベルまであります。ひどい場合には、介護が必要になることもありますので、そのようなレベルに達してしまうと1級に認定されることになるでしょう。この場合には、要介護状態ですので、毎月10万円程度の生活費が支給されます。もちろん、今まで働いてきた会社の給料に比べると少ないはずですがそれでも必要最低限の生活をすることができるはずです。2級になる場合には、介護までは必要ない状態での会社にまともに行くことができない場合です。この段階になると、自分で生活をすることができますがもはや会社に行くことが出来るレベルではない状態です。例えば夜眠れないだけでなく会社に行こうとすると発熱が生じたり、突然記憶がなくなったりすることもあり得ます。場合によっては、出社するときの意識が無く、靴をはかずに外に出てしまうこともあるでしょう。

うつ病になってしまった場合、障害者年金をもらう仕組みとして知っておきたいことは、まず医者の診断書が必要なことです。医者の診断書といっても、精神科か心療内科の医者に書いてもらう必要があります。たいていの場合、うつ病で困っている場合は精神科の医者か心療内科の医者に診てもらっていますので、その医者に診断書を書いてもらうように説明する必要があります。たいていの場合は診断書を書いてもらいますが、医者の中にはうつ病に対して障害者年金を支払うべきではないと考える人もいるため、もらえない場合もあります。医者の中には診断書に対して否定的な考えを持っている人だけでなく、書くことが面倒臭くて積極的になれないような人もいるのです。ですが、絶対に必要なことを説明するか、病院を変えてしまえば問題ありません。ちなみに、患者から依頼された場合、医者が診断書を記入するのは義務になります。診断書を書いてもらう以外に、いくつかの書類が必要になりますので、それらの書類も仕上げなければいけません。書類の内容がしっかりしているが、障害者年金の受給が決定します。ですが、初めて書類を書く場合にはどのような内容に仕上げた通いのかわからないことも多いでしょう。この場合には、社会保険労務士に依頼することで書類の作成をしてくれることがあります。もちろん、社会保険労務士といっても様々な仕事を抱えているため障害者年金を専門的に扱っているところにお願いした方がよいです。その方が、確実に年金をもらうことができるようになります。ホームページなどを参考にして、社会保険労務士を探してみましょう。

年金をもらいたい場合

カウンセリングを受ける男性 うつ病で会社を休んでいる場合、障害者年金をもらうことが可能です。この場合、診断してくれる医師によって診断書の書き方は異なりますのでより審査に通りやすい診断書を書いてくれる人を選びましょう。また、等級によってもらえる額が異なります。

詳しく見る

気が重くなったなら

医者と看護師 障害者年金をうつ病の時にもらう場合には、病院に行く必要があります。なぜかといえば、病院の医者に書いてもらう診断書が重要になるからです。人気の理由は生活を維持する範囲ですがずっと貰い続けることができるからです。

詳しく見る

便利で信頼できる支援制度

聴診器 精神状態が不安定で仕事ができないほどうつ病が悪化した時は、障害者年金を使って対応する方法もあります。この制度は病気になった時に使えるもので、手続きはやや複雑ですが十分な支援を受けられるので評価が高いです。

詳しく見る