サイトメニュー

年金をもらいたい場合

カウンセリングを受ける男性

選ぶ基準や初心者向けのアドバイスはどうか

何らかの原因により、突如精神的なバランスを崩す人がいます。例えば、最近よくありがちなのはうつ病になってしまうことです。今まで順調に会社勤めをしていたにもかかわらず、途中でうつ病になってしまいあまり会社に来なくなる人もいるでしょう。そのような人は、しばらく給料をもらうことができませんので、生活ができなくなってしまいます。ただ、日本では障害者年金と呼ばれるものがありますので、うつ病になって会社に行けなくなった場合に障害者年金を申請をすれば申請した後にお金をもらうことができます。この時に気にしておきたいのは、どのような病院やクリニックを選ぶかです。なぜかというと、障害者年金は必ずしも診断書を書けばもらえるわけではないからです。診断書を書いたうえで、その診断書が障害者年金をもらうにふさわしい内容になっていなければいけません。例えば、うつ病と会社に行けないことの因果関係が明確ならばよいですが、そうでなければその診断書はあまり意味がないことになります。そうだとすれば、書類の書き方はとても重要になるでしょう。もっと言えば、申請に通るような書き方をしてくれる病院ならば、安心して依頼することができます。ちなみに、請求するときには医師の診断書以外にも年金手帳や戸籍謄本そして受診状況等証明書などが必要です。もし、診断書以外の書類を用意する場合には社労士にお願いする必要があるでしょう。社労士は、障害者年金に詳しい人を選ぶことが重要になります。そのような社労士を選ぶことで、より年金をもらいやすくなるでしょう。

障害者年金をもらう場合、初心者が最低限知っておきたい内容としてはまずうつ病の場合でももらうことができる点です。一般的に障害者年金といえば、病気やけがなどで長期的に仕事を離脱し働くことができない人が対象になると思われがちです。ですが、最近はうつ病の人が増えていることから、うつ病の人に対しても障害者年金を受給させようといった話しが出ています。実際に、うつ病で年金をもらうことができる可能性は高くなりました。この時、最低限理解しておきたいことは、どのランクに該当するかです。1級から3級まで等級がある中で、どれに該当するかによってもらえる金額が異なります。一番症状が重たいのは1級になります。この場合には、要介護認定されているようなレベルにあることが必要です。つまり、病気になってしまい自分では生活できないレベルに到達してしまっている場合です。寝込んでしまい動けない場合や正常な判断をすることができないこともこれに該当するでしょう。その代わり、もらえる金額が一番高くなります。2級の場合には、介護認定まではされませんが、生活をするのが困難な場合です。当然この場合には、まともに会社に通うことができないことが多いでしょう。3級は、厚生年金に加入している人ならば受給をすることができますが、そうでなければ受給はありません。例えば、アルバイトをしている場合にアルバイトに通うことができない状態になり、3級に認定された場合でもお金をもらうことができないことは、知識として知っておく必要があります。